雑誌の広告、ゴシップ紙、電話ボックスに見られる宣伝や郵便広告などで、「多重負債の片付けやります」「借金を集約したいと思ったら」という内容の売り文句を目に入れることがよくあります。ハーブガーデンシャンプー

これらは、「整理屋」「買取業者」「紹介人」という名の企業の宣伝のときもあるということです。

それらを頼んだときには自己破産プロセスの中で最重要な免責許諾を得られない危険性もありえます。

「整理屋」というのは、ダイレクトメールなどで債務者を引きつけ、高い依頼料を請求して整頓をしますが実際は借金整頓は行われず、負債者はさらに債務スパイラルに堕ちてしまう結末がほとんどと考えてください。

「買取業」では負債人のクレジットカードで電化製品、電車の利用券を多量に買い入れさせて借金者から購入した物品を買った値段の2割もしくは半値で買い直すというやり口のようです。

債務人は小金が手に入れられますが、いつかクレジット会社からの商品の売値の支払い要求が届き、結局のところ債務を悪化させることになります。

この場合だとクレジットカード企業への詐欺行為ということになり免責許諾を手に入れられなくなります。

「紹介者」の場合は、著名なサラリーマン金融から借りられなくなった借金人に直接的な貸出は全くせずに、融通を可能な別の店を紹介して、高すぎるサービス料を請求する悪徳業者です。

高度な努力で融通が受けられたかに解説しますが実際には何もせずただ調査のゆるめのルートを教えているというだけなのです。

この場合でも債務を重ねることとなります。

Copyright © 2002 www.alisamarrow.com All Rights Reserved.