為替への介入という言葉は耳にした事がありますか?日本銀行が為替介入をして新聞、雑誌記事、テレビ、ヤフーなどのニュースで見られた人もたくさんいるでしょう。

元来為替介入(外国為替市場介入)というのは我が国では、・大臣(財務大臣)円の相場の安定化を実現するために実行する手段として考えられています。

わかりやすく言えば、極端な円高や円安が起こると財務大臣の命令によって中央銀行である日銀が円を売り買いして相場の安定化を狙うといったものです。

為替介入(外国為替平衡操作)は方法が何通りかあるのです。

1.単独介入・・・行政機関や日本銀行が東京での市場において自分から市場に加わり介入を行なう。

2.協調介入・・・複数の銀行などが協議のうえで、それぞれの通貨当局の資金を駆使して同時期にあるいは小出しに外国為替平衡操作(為替介入)を行なう。

3.委託介入・・・国外の通貨当局へ外国為替平衡操作(為替介入)を任せる。

4.逆委託介入・・・日銀が外国の通貨当局に成り代わって外国為替平衡操作(為替介入)をする。

こういった種類です。

いずれの方法の為替介入も一時、または引き続いて為替に多大な影響力を与えるのです。

外国為替市場介入(為替介入)のお金は国のプライドをかけて行なうのですから桁外れです。

円を基本にして例えると、普通はほんの少し変動する円相場がいきなり数円の変化をします。

個人で投資をしている人なら一回は体験したことがあると考えますが、それまでは順当に含み益(または損失)が増えていた持ち高をキープしていたのですが、キープしているポジションが決済となりましたといった通達がFX業者の人間からEメールが来ました・・・どれほど儲かったのかな(損したのかな)?と気にしながら決済された状況を見ると自らが見込んでいた事とは逆の状態であり目を丸くしたといったことがあったのです。

為替介入(外国為替平衡操作)が実施された時によく起こることです。

為替介入が実施されると、為替の市場の変動とまったく反対の動向をすることがわかりました。

それだけでなく動く金額の大きさはものすごく大きくでかく動くため用心が必要なのです。

Copyright © 2002 www.alisamarrow.com All Rights Reserved.