どこにでもある経験の浅い方向けの外為の本では「損失が生じた場合はナンピンによってポジションのコストを小さくする」などと助言されていますが正直それには大きな危険性が待ち受けています。草花木果

はじめに、ナンピン買いの仕組みについて易しく記述しておきます。白内障 治療

ひとつの例として1ドル=100円でドルを買ったとします。クレジットカードおすすめ紹介

ドル買いなのでドル高に向うほど黒字が大きくなるわけですが、思っていたのとは逆に1ドル95円までドル安方向に向ったとします。みんなの肌潤 セット

その場合ポジションを持ち続けたらマイナスをなくすためには損失分、円安ドル高が進まなければならない。毛孔性苔癬の脱毛

誰もが、損は出来るだけ早くリカバリしたいと願うだろう。ラサーナ海藻

そのためはじめに注文したのと同じ分の$(ドル)を、エントリーします。遠距離 復縁

これで、ポジション全体のコストは1ドル=97.50円まで低くする事が出来ます。

その結果、半分の幅で円安ドル高が進むと、赤字を回復できる。

それが、ナンピンの手法です。

このような、ナンピン買いの手法をみると「その通り」という気分になるが、外国為替市場は易々と思った通りにはなりません。

1ドル=95円が下限だとということなど、想像できません。

もし、市場が円高の流れだったら1ドル=95円では下げ止まらずに、円高ドル安に進む確率が高くなります。

一例として、1ドル97.50円でナンピン買いをした場合に1ドル95円まで円高ドル安に進んだら、ナンピン買いした分についても、マイナスが生じることになってしまうのである。

それでは、一番初めに注文したドルと合わさってダブルで損が生まれる事になります。

この通り、ナンピンはややこしいです。

それならば、マーケットが己の台本とは逆向きに向う場合どんな手段で危険を軽減すればいいのでしょうか。

そこで選択する方法は2つ。

ひとつは観念して、ポジションを諦める事です。

もうひとつの選択肢としては、その段階で、自分自身が保有しているポジションを少なくする事によってもう一回為替が回復するのを待つことだけです。

ちょっと後ろ向きな手段だと考える投資家もいるだろう。

だけど、自分が保持しているポジションに損が生じた時、危険の少ないやり方はこれよりいいものは考えられない。

勿論、ロジックのうえではナンピン買いをする方法もありえます。

だがナンピン買いは、損失を出している場面にもかかわらず買いポジションを減らすどころか、それとは逆に買いポジションを積み増していく考え方です。

この手段では、危険を削減することなどどう頑張ってもやりようがない察するべきです。

ナンピンをし続ければその内損失が回復するかもしれません。

けれども、そうなる前に投資資金はショートしてしまいます。

Copyright © 2002 www.alisamarrow.com All Rights Reserved.